医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリット、およびリスクはいくつかあります。施術を受ける前に、スタッフから説明されることが多いですが、あらかじめ知り自宅でもできるケアを知っていると、そのデメリットを最小限に緩和することが可能です。デメリットのひとつは、処理の最中に多少の痛みがあるということです。レーザーの出力が高いため、肌質や部位によっては痛みが強い可能性があります。また、レーザー受けて火傷・赤身のようになったり、炎症になったり、皮脂腺がニキビのようになる毛嚢炎、レーザーの影響による色素沈着が起こる可能性があります。皮膚トラブルは、スタッフのアドバイスや保湿ケアなどで軽減させることが可能です。

そして、自己処理やエステなどと比べると高くつくということもデメリットです。

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛は、デメリットを上回るメリットが様々あります。まずひとつ目が、自己処理に比べて肌にかかる負担が圧倒的に少ないということです。カミソリや毛抜きで自己処理を繰り返すと、肌に負担がかかり、いずれ黒ずみなどが起きて見た目が悪くなります。医療レーザー脱毛ならば、毛の生える原因に働きかけるので、負担少なく済ませることができます。また、医療レーザー脱毛でもあかみなどの肌トラブルがありますが、医師の監修のもと、専門家が施術を行い、すぐにケアを受けることができて安心できるという点でもメリットです。肌の弱い人でも診察や薬の処方をすぐに受けることができます。

少ない回数で高い効果を得ることができるという点もメリットです。